「週刊文春」記事で大島優子やっぱり卒業?それとも例外?

印刷

   先週書いた「フライデー」の「氷川きよし『松村雄基と過ごす熱い夜』」を、テレビはもちろんこと、スポーツ紙でもほとんど大きく扱っていないようだ。もちろん、2ちゃんねるなどのネットでは話題になっているが、意外に好意的に取り上げられていることに少し驚いている。

   「なんかお似合いのカップルだ」「妙に納得できる記事」「スレはなぜか微妙に祝福ムード」「松村って人知らなかったんだけどかっこいいな」「不思議と嫌悪感も抱かない暖かく見守りたいと思ってしまった‥‥」「氷川きよしの表情が乙女のようで、こりゃ応援するとなぜか思った」「二人の恋見守りたいわ~」という反応が多い。

   これまでも、歌手の槙原敬之や米良美一を始め、多くの俳優やタレントたちの「ホモ疑惑」が週刊誌で報じられたことは多いから、驚きがなくなったのか、演歌界の王子様の人徳のためか、醜聞一歩手前で留まっているようだ。

下位メンバーからは不満の声

   さて、今週話題の「AKB48ナンバー1大島優子(21)とウエンツ瑛士(24)」の熱愛のほうはどうか。大島といえば、先月のAKB総選挙で、不動のトップだった前田敦子(19)に勝った新女王だ。

   2人は今年1月に放送されたテレビ朝日系ドラマ「エンゼルバンク~転職代理人」で共演して、親しくなったという。

   その後は、ウエンツ瑛士が東京・秋葉原にある「AKB48劇場」を訪れ、公演を見るなど仲を深めてきた。7月に代々木で行われたライブコンサートにも、ウエンツは変装して見に行ったと報道されている。だが、このグループには「恋愛禁止」という鉄の掟があるというから、2人の行く末は前途多難?

   「週刊文春」によれば、「過去にも友人男性とのプリクラ写真が流失しただけで、卒業させられたメンバーが何人もいる」。また、「つい先日、総選挙で研究生からメンバーに昇格したのに、彼氏とのプリクラがネットで流失したことが原因で卒業させられたコもいる」(芸能関係者)というのだから、大島優子も卒業=追放?

   しかし、彼女は「成人組」ということもあり、常に主要メンバーだから、事務所も「外でトラブルをおこされるより、彼をつくって落ち着いてくれたほうが助かる」と考えていると文春は書いている。

   当然ながら、こうした「例外」を認めるのはえこひいきではないかと、他のメンバーからは不満が出てもいるようだ。

「社長たちは上位のメンバーばかりひいきにする。でも、フアンのことをホントに考えて真面目にやっている他のメンバーは、彼女の行動に納得いきませんよ。優子はナンバーワンになったんだからもっとお手本にならないと!!」

   しかし、文春も年頃の彼女たちには恋愛はつきもので、禁止すること自体が無理なのではと理解を示しているように、度を過ぎたタレント管理は、人間の自然な欲求を抑圧することになりかねない。

セックス管理に頭悩ますプロダクション

   年頃の女の子や男の子を抱えたプロダクションの大きな悩みの一つは、タレントたちのセックス管理である。

   10年ほど前、テレビ局社員たちが関わって、定期的に乱交パーティを催し、ジャニーズ事務所の有名タレントや人気俳優が出入りしていたことが『噂の真相』ですっぱ抜かれたことがある。このように、所属タレントたちの性衝動が暴発しないよう、秘密裏に彼らのセックス処理をしてやることは、いまだに行われていると考えていいだろう。

   この大島とウエンツの「恋愛」がどこまで進んでいるのかはわからないが、周囲は冷静かつ温かく見守ってやってほしいものだ。

   文春の取材を受けた大島が、「小動物のように怯え」ながらも、ウエンツさんとはお友達ですかと聞かれ、「はい、そうです」と健気に答えている。アイドルから一人前の女性にしてあげるのも、彼女たちを預かる大人たちの重要な役割であること、いうまでもない。

   今週お薦めの記事は、「初登場!中国『スーパー激安航空』に乗ってみた」(文春)。7月28日から茨城空港に就航するという中国のエアライン「春秋航空」は、茨城・上海の最安値チケットが往復4000円程だというのだ。では、その飛行機とはどんなものかと、編集部が恐る恐る上海・昆明便に乗ってみたのだが、これがすこぶるおもしろい。

   チケットはスーパーのレシート並み。もちろん食事や飲み物は有料で、座席ポケットは破れ、トイレの塗装は剥がれている。1時間2時間遅れはザラのようで、7時間遅れたこともあるという。就航したら、怖いもの見たさで、4000円なら1回だけ乗ってみたいという人は、結構いるかもしれないね。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中