2020年 12月 2日 (水)

ヘリで富士山見物もやった「金賢姫騒ぎ」菅首相も苦虫?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   鳩山前首相の軽井沢の別荘を提供し、巨額の費用と人員を投入して守った大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元工作員が3泊4日の「VIP待遇」を終え韓国へ帰る。

   大騒ぎしたものの、金元工作員から拉致問題解決につながる新しい情報が得られることはなかった。いったい何の意味があったのか、リポーターの長谷川豊が『総括』した。

外交筋ははじめから冷めた目

   番組の冒頭で長谷川が「ムッ、ヘリコプターてな話ですよ。なんでこんなにVIP待遇なんだと世界から笑いものになっている状況なのですがね」と呆れたのが、22日軽井沢の別荘を後にした金元工作員のスケジュール。

   5月に来日した中国の温家宝首相が使用した同じ車で一路東京へ向かったのだが、着いたところは東京・調布。ここで、革張りのシートに木目調のインテリアというVIP仕様のヘリに乗り換え、横浜、鎌倉など神奈川県上空を40分かけてグルッと回って遊覧飛行。どうやら富士山を見たかったらしい。このヘリの使用料は1時間80~90万円という。

   これについて仙谷官房長官は、「ヘリによる移動は都心の交通混乱を避けるためと聞いています」と、理由にならない理由を挙げた。

   その後、拉致家族会との面会のため車で調布のヘリポートから都心のホテルへ向かったが、通行するルートの信号機は移動に合わせて警察官が操作してすべて青信号。一般車両はとばっちりで大渋滞だった。

   金元工作員の来日を主導した中井拉致問題担当相は、記者から「ヘリの使用に批判もあるが」と問われて、「誰が批判しているのか具体的に名前を挙げて」、また「今回の来日の費用は」との問いにも「なぜ答えなければいけないのか。関係ありません」と答えようとしない。

   では、金元工作員の来日について外務省はどう見ていたのか。取材したフジテレビの解説委員によると、「拉致問題の進展などないと、最初から冷めた目で見ていた」という。 金元工作員の来日中、菅首相をはじめ中井担当総以外の閣僚は一切出てこなかった。やはりマズイと思っていたのか。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中