「軽」ベースのキャンピングカー安くて手頃と人気

印刷

   車中泊ブームとかでキャンピングカー、それも軽自動車ベースのものがよく売れているという。専門家の話では、普段は乗用車として使い、週末はキャンピングカーに「改造」して温泉巡り、釣り、天体観測などに出かけられる利便性が人気の理由らしい。

普段は乗用車、週末は「改造」

   番組が取材した「道の駅」の駐車場で「宿泊」中の利用者は、「自分のお城みたい」とか、「機動性が便利。どこへでも行ける」と購入理由を述べていた。高速料金の上限1000円も追い風になっているようだ。

日本中を回りたい

   ホンダが7月8日に発売したアウトドア仕様タイプの価格は160万円から。広報マンは「荷室が広い。広くて硬くてフラットなフロアが特徴」と説明する。発売4日間で4000台売れたそうだ。

   一方、スバルの「旅人」はワゴンタイプの軽自動車にキャンピングカーの機能を加えた。5分で親子4人が泊まれる「ベッドに変身」するところがミソ。176万4000円から。

   テリー伊藤は、「キャンピングカーで日本中を回りたいというのは、リタイヤ組を含めたわれわれ世代の夢」、MC加藤浩次は「ちょっとした仮眠もすぐとれる」と宣伝に一役買っていた。

   でも、悪いヤツが多い物騒な世の中、狙われないか心配だ。体力に自信のある向きも宿泊時には、十分注意した方がいいような気がする。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中