企業がテレビCMに使いたくなるアスリート・ランキング

印刷

   消費者がそのキャラクターにどんなイメージを持っているか――企業がテレビCMにタレントやスポーツ選手を起用するときの最重要ポイントとなるが、その印象評価の調査が行われた。

   博報堂DYメディアパートナーズ、データスタジアムなどが首都圏、京阪神圏の15~69歳の男女に聞いたもので、対象は野球、サッカー、ゴルフなどのアスリートだ。

   「イメージ総合ランキング」の1位はイチロー(野球)、2位は浅田真央(フィギュアスケート)、3位は石川遼(ゴルフ)だった。以下、本田圭佑(サッカー)、宮里藍(ゴルフ)と続く。7位に松井秀喜(野球)も入っているが、ベスト10の中にロナウド、メッシ、カカの外国人サッカー選手がいるのは、やはりW杯南アフリカ大会の直後だからだろう。

   「好感が持てるアスリート」でも、川島永嗣がトップで、長友佑都、川口能活などサッカー組がベスト5に3人入り、後の2人はイチローと浅田だ。W杯以降、本田や川島にテレビCM出演の依頼が引きも切らないというのもナットク!。(テレビウォッチ 編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中