2018年 7月 19日 (木)

亀田興毅KO勝ち「輝ける場所に帰ってきた」

印刷

   元WBC世界フライ級王者・亀田興毅(23)が、7月25日(2010年)に行われた「プロボクシング53.9キロ契約10回戦」で、セシリオ・サントス(メキシコ)を4回49秒KOで下した。興奮が冷めず、「寝られへん」と7月26日深夜にブログを更新した。

「3年ぶりの大阪のリングは最高でした。
俺はまた輝ける場所に帰ってくることが出来ました」

   亀田は3月にポンサクレック(タイ)に判定負けし、WBCフライ級王座から陥落した。再起戦での勝利に喜びはひとしおだが、「喜ぶのは今日で終わり」で「気持ち切り替えなアカン」。強くなるには練習一番で、「とにかく頑張るぞ」と決意を新たにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中