2018年 7月 19日 (木)

ワニが泳いでる!長崎・諫早湾で『3匹確認』騒動

印刷

   「これワニっぽくない?」とリポーターの長谷川豊が、長崎県諫早湾で起きているワニ騒動を取り上げた。3匹が確認され、そのうちの1匹が写真に撮られた。なるほど海面上に目と長い鼻を出している姿はワニっぽい。

   放っとけないと、「注意」の看板や鶏肉を入れたオリまで設置して捜索中だ。

海面上に目と長い鼻

   「とくダネ!」取材班も現地に飛んでワニ探し。ワニの影に怯えながら、だだっ広い草はらで石をワニに間違えたり、海面に浮かぶウキをワニに間違えたりで、3時間余りで捜索断念。

爬虫類の専門家は…

   近所の住民に様子を聞くと、「そんなに怖くないというか、実際この川にはスッポンとかいるので」と、スッポンの見間違えと言わんばかりの答えが返ってきた。

   そこで、取材班はワニとおぼしき写真を爬虫類研究家に見てもらうと…

「爬虫類をちゃんと分かっている人間が見ると、これはスッポンですね。ワニじゃない。鼻がスッポンの特徴である、ラッパ状に前のほうに開いている。99%スッポンです」

   念のためにスッポン料理30年の店主に同じ写真を見てもらうと、今度は「これはスッポンじゃない。どう見てもワニですよ。いまスッポンを見せますから」と持ってきたスッポンの鼻を見ると、かなり短い。

   いったいどっちがなのか。

   笠井信輔アナ「爬虫類の専門家の方は、スッポン屋さんに(スッポンじゃないと)言われて絶対に収まらない。いろいろ反論があると思いますよ」

   長崎は今日もワニ騒動が続いている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中