泉ピン子の傍若無人「不愉快で面白くない」と誰か教えたら…

印刷

「ダウンタウンDX」(日本テレビ)2010年7月22日22時~

   松本人志休養中のためか、今回はいつもと趣向を変えて特別編「スターのオススメ絶品グルメを食べ歩くツアー」という企画だった。出演は浜田雅功以下、泉ピン子、石田純一、勝俣洲和、ケンドーコバヤシ、今井りか、紗綾。このメンバーがバスに乗り込み、それぞれが紹介するおすすめグルメの店を実際に訪ねようというものだ。
   泉ピン子がいるので嫌な予感がしたが、予感的中、今回もやりたい放題のピン子。今、渋谷の若者に大人気というテイクアウトの焼小籠包が紹介されたのだが、本来、片面しか焼目をつけないものなのに、「特別に両面焼いて貰って」とわがままを言う。また、カレーパイがおいしい店と紹介された店ではカレーパイを食べたあと、勝手にお酒や別のカレーを注文し、「私はカレーパイよりやっぱりライスのほうがいいわ」と言い出す始末。
   ピン子のこうした傍若無人なふるまいはいつ見ても気分が悪い。和田アキ子にはつっこめる勝俣もピン子の前では借りてきた猫で、新婚ボケの石田などは「あんたの結婚式、何? せこいわ~」と言われてもただ笑っているだけ。ピン子は、自分はお笑い出身で笑いがわかっているというスタンスなので余計に始末が悪い。まったく面白くない、というか、むしろ不愉快だということを誰か教える者はいないのか。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中