2018年 7月 20日 (金)

「辻元清美」ホンネは『ずっと社民党出たかった』

印刷

   順番お構いなし。何でも詰め込むワイドショーらしい展開にいささか呆れた。複数の外人男性と絡み合うアダルトっぽい沢尻エリカのヌード映像のすぐあとに取り上げたのは、社民党の辻元清美議員の地元・大阪で行われた27日の離党会見。

   カメラ30台、記者100人の前で語った辻元の離党の理由は、「今すぐにでも具体的に解決していく方向の政治を進めていきたい。そんな気持ちが強くなりました」だった。

当面は民主党と統一会派

   辻元は昨年9月の政権交代で国交省副大臣に就任し、仕事への新たな情熱がわいてきた矢先に社民党の連立政権離脱。やむを得ず副大臣を辞任したときは、記者たちを前に「寂しい、辛いです」と涙を流した。その思いは離党会見でも消えず、「政策実現」の言葉が何度も出てきた。

社民党は大変
「野党として批判や反対の急先鋒に立ってきましたが、それだけでは日本を変えることができない。
小さな政党にとって、政権の外に出たらあらゆる政策の実現が遠のいていく。政策実現の可能性をぎりぎりまで求めていく」

   ある民主党幹部は「辻元議員からずっと相談を受けてきた。『社民党を離党して民主党に入りたい』と言っていた」という。

   当面は無所属で活動するようだが、政治アナリストの伊藤惇夫は「次の衆院選で民主党に入る可能性もある」と見ている。

   国交省で直属の上司だった前原国交相も、「素晴らしい政治家なので、もし無所属になられたら、まずは一緒の会派で共に仕事をさせていただきたい」とエールを送る。

   笠井信輔アナは「社民党にとっては看板議員が抜けてしまい大変ですね」としたが、タレントのデープ・スペクターが「社民党を抜け出たのは自分の都合にしか見えない」と批判した。

   単に反対するためだけに政治家を志したわけではないだろう。与党として政策を動かすことの達成感を知り、今が転機と見たのかも。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中