辻元清美議員の三行半「よかったんじゃない」スタジオ好意的

印刷
「政権の中で、今すぐにでもいろんなことを具体的に解決して行く方向の政治を進めて行きたい思いが強くなった」

   辻元清美衆院議員は社民党からの離党表明会見でそう述べた。では、参院選後まもなくというタイミングで離党した真意は何か。

このへんが見切り時

   辻元離党について、日本テレビ政治部の記者は「普天間基地移設問題をめぐる社民党の政権離脱や、参院選の敗北に対する党の総括に不満を抱えていた。また、連立離脱によって、次の自分の選挙で民主党の支援を受けられなくなる可能性が出てきた」と説明する。

政治家のやりがい知った

   このへんが見切り時と考えたのだろう。無所属の立場で民主党と連携することになるらしい。

   スタジオ陣は離党判断に好意的だ。コメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)は「やむを得ない」として、「国交省で政権にかかわって政策を形にする手ごたえを得た。与党にいなければ何もできないと分かったのだろう」と語る。

   テリー伊藤も「福島さん(社民党首)が離党は選挙事情と言ったのは、辻元潰し」と話し、「国交副大臣でやりがいを感じた。政治家として素直な気持ちの表れ」と見る。

   いずれにしても、MC加藤浩次が言うように「問題はここからどうするか」だ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中