「プロ野球オールスター戦」1秒も触れないNHKふざけてる!

印刷

「おはよう日本 週末のスポーツコーナー」(NHK)2010年7月25日7時~

   前にも1度書いたはずだが、土曜日曜のNHKは手抜きをしている。例えばスポーツコーナー。前日にプロ野球のオールスター第2戦が行われ、セ・リーグとパ・リーグが5対5の引き分けに終った、稀に見るいい試合をしたのに、朝のメインニュースのスポーツニュースで全く1秒も触れずじまいだったのだ。ふざけている。
   不祥事だらけの大相撲は長々とやり、後はJリーグと女子ゴルフだけ。相撲は白鵬の全勝がかかっているとはいえ、前夜の6時前に終わり、その後のニュースで散々放送した。オールスターは午後9時頃まで試合をしていたし、日曜の朝、試合の模様を楽しみにしていた視聴者は相撲客より遥かに多い。筆者の周囲でも相撲なんか結果だけで十分という人ばかりだ。NHKだけが恋々としているのだ。
   オールスター戦はテレビ朝日が中継権をもち、2戦とも放送したのでNHKは知らん、というのか。ならば聞くが、ワールドカップの試合中継も全部をNHKがやったわけではないのに、何で全試合を報道したのか。それだけ国民的イベントだからだろう。プロ野球の個々の試合ではなく、年に2日だけ選りすぐりのスターを集めた国民的イベントである。筆者が購読している日刊スポーツは、24日も25日も、2日とも前夜のオールスター戦の結果が、デカデカと1面を飾っていた。翌朝のメインニュースで結果さえ言及しないNHKは、報道機関として無智蒙昧、ニュース価値もわからん大バカだ。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中