2018年 7月 22日 (日)

岩村明憲母校、11年ぶり甲子園出場 大暴れを期待

印刷

   MLBピッツバーグ・パイレーツ傘下「インディアナポリス・インディアンズ」の岩村明憲選手が7月28日(2010年)のブログで、母校の宇和島東高校(愛媛県)が11年ぶりに甲子園出場を決めたことを喜んでいる。

   決勝戦のカードは宇和島東―済美高校。試合の様子は後援会長や友人がメールで実況してきて、アメリカは夜中の1時だというのに、最後まで自分だけ盛り上がっていた。それもそのはず、勝負は9回裏、劇的なサヨナラ勝ちで決まったのだ。

   岩村は両校を称えるとともに、勝利した宇和島東ナインには「甲子園で大暴れしてもらいたい」とエールを送る。一方の敗れた済美ナインには「上甲(正典)監督に教えてもらった人生論を自信に、これからの人生に役立たせて欲しいですね」とねぎらった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中