岩村明憲母校、11年ぶり甲子園出場 大暴れを期待

印刷

   MLBピッツバーグ・パイレーツ傘下「インディアナポリス・インディアンズ」の岩村明憲選手が7月28日(2010年)のブログで、母校の宇和島東高校(愛媛県)が11年ぶりに甲子園出場を決めたことを喜んでいる。

   決勝戦のカードは宇和島東―済美高校。試合の様子は後援会長や友人がメールで実況してきて、アメリカは夜中の1時だというのに、最後まで自分だけ盛り上がっていた。それもそのはず、勝負は9回裏、劇的なサヨナラ勝ちで決まったのだ。

   岩村は両校を称えるとともに、勝利した宇和島東ナインには「甲子園で大暴れしてもらいたい」とエールを送る。一方の敗れた済美ナインには「上甲(正典)監督に教えてもらった人生論を自信に、これからの人生に役立たせて欲しいですね」とねぎらった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中