2018年 7月 24日 (火)

松本志のぶ 山本アナの死「気持ちの整理がつかない」

印刷

   元日本テレビアナウンサーで現在はフリーの松本志のぶが7月28日(2010年)のブログで、山本真純アナウンサーを偲んだ。

「突然の悲報をどう受け止めたら良いのか、いまだに気持ちの整理がついていません」

   松本にとって後輩に当たる彼女はいつも明るく、真っ直ぐな人だった。落ち着きがあって、強さと明るさのある声が特徴的だ。

「スポーツを愛し取材する、その真摯な姿勢には見習うべきものがありました」

   同僚やスタッフ、取材に当たった選手・監督からも愛されていたという。

「私が会社を離れるとき、『何があっても応援しますよ!』と最初に声をかけてくれた山本真純さん。その茶目っ気たっぷりな笑顔を、忘れることはできません」

   山本アナは飛び降り自殺と見られており、出産後に襲われる「産後うつ」を患っていたとも報じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中