小沢欠席、菅ボコボコそんなことやってる場合か!?民主党両院総会

印刷

   参院選での大敗を総括する民主党の両院議員総会がきのう(29日)開かれた。唐突に「消費税」を口走った菅代表に非難が集中したが、選挙でこれを批判して「足を引っ張って」歩いた小沢前幹事長の姿はなかった。

姿見せず恐怖心煽る思惑

   菅代表は冒頭、「わたしの消費税をめぐる不用意な発言で、重い厳しい選挙を強いられたことをお詫びします。財政健全化の必要を強く感じていたために、前のめりになった」と発言。総括文書でも「消費税」が敗因とした。

なんで出てこないの

   これに対して、親小沢の議員たちが執行部の責任を追及した。「幹事長、選対委員長は当然。菅総理自ら責任を取るべき」「執行部は責任を取る係」「いまの内閣は死に体といわれてる」「いつから北朝鮮になった」「多くの仲間が残念なことになった。44名は大惨敗」などなど。

   「辞めること自体が無責任。菅政権はまだ何もはじまっていない」「日数も経っていない。執行部を支えていかないといけない」と擁護するのは少数だった。執行部はひたすら低姿勢で、最後に菅代表が「この立場で頑張らせていただく」と、9月の代表選出馬の意向を明らかにした。

   しかし、小沢派(嫌な言葉だね)が、いろいろ画策するのは見え見えだ。ただ当人が出ないとなると、さて、いい玉がいない。前原、岡田グループは菅支持を表明している。

   そんななか、当の小沢は「政治、行政改革が後戻りしている」と不満を漏らしていたという。これも側近の口から伝えられる、いつものことだ。

   司会のみのもんた「なんで小沢さんは出てこないの?」

   与良正男(毎日新聞社論説副委員長)「おそらく『静かにして』といわれてるから、というでしょう。でも、この光景をなんべん見たか。いつものことですよ。なんで繰り返すのか。
   総会でハイと手をあげて言えばいいのにね。逆にいうと、出てこないことで小沢さんが何を考えているのか、という恐怖心を煽るんですよ。何度も言いますけど、敗因は消費税だけですか」

   池田健三郎(政策アナリスト)「消費税だけで終わったら、国民は納得いかないですよ」

与野党でねじれ国会の知恵出すとき

   みの「どんな責任のとり方がある?」

   与良「野党と与党では責任のとり方が違う。総理でもあるわけだから。はたして国民がいま、菅さんを代えろと言っているか。菅さんを代えたら、政治が良くなるか。ねじれに新しい展望が開けるか。いま国民が何を求めているか。ねじれで国会が動かなくなる可能性があるが、日割り法案がそうだけど、与野党が一致できるものはある。そこを真剣に考えないといけない」

   みの「日割り法案は、渡辺さん(みんなの党)は2日もあれば通るといってた。なぜやらないのかなあ」

   与良「与野党で協議しないとすまない。さらにいうと、この状態はずっと続くんですよ。民主も自民もそれがずっと続くことを前提に考えないといけない」

   与良はさらに「ねじれを考えると、年がら年中国会を開いている状態にしないといけない」と言う。

   みの「絶対にそうですよね」

   与良「野党だって、会期切れで法案を廃案にしたでは済まないんだから。このままではとんでもないことになる」

   事態を正しく把握してるのかどうか。それに頭の切り替えが追いつくのかどうか。菅代表の表情からは、読み取れなかった。とにかくきょうから臨時国会だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中