2018年 7月 23日 (月)

海老蔵・麻央披露宴「華やかで料理おいしかった」出席のテリー

印刷

   冒頭はテリー伊藤の「海老蔵・麻央の結婚披露宴」出席報告。

「華やかでした。ボクはあきっぽいので退屈なら途中で帰ろうかと思ったけど、そんなこともなく3時間半、あっという間だった」

   隣には大塚範一アナが座っていたそうで、「宮中晩さん会みたい。披露宴の域を超えているね」と2人で話しあったという。

高そうな引き出物ばっかり

   「酔っ払っている人とかは?」とMC加藤浩次が尋ねる。

   「いませんでした。海老蔵さん本人が少し」とテリー。

   ここで中山美香リポーターが引き出物を紹介する。

お金の話はしない方が…

   市川家の家紋である牡丹を描いた中島千波・画の「掛袱紗」、バカラのシャンパングラス、ヤマキの最高級鰹節だ。シャンパングラスは2万8000円のものと中山が明かすと、加藤から「値段とか言わないほうが……。ヤボな感じがしちゃう」とクレーム。中山は「ちなみということで」と言い繕った。掛袱紗は特にお値うちものに違いない。

   テリー「料理は、年配の人が多かったので量は多くなかったけど、おいしかった」

   名だたるシェフが打ち揃って手掛けたメニューだけに当然か。

「海老蔵さんが3時間半、彼女のことを大好きだ、これからも守って行く、と言つづけた。あれほどのプレーボーイ、男前で歌舞伎を背負って行く男が、あすこまで堂々と言える。それがすごく爽やかだった。披露宴全体が気持ちよくボクらも幸せ感があった」

   金の話がヤボなのは承知だけれど、超豪華披露宴は何億円かかったのか、その模様を今夜(7月30日)独占公開する日本テレビは、いくらで放映権をとったのかは、やはり気になった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中