2018年 7月 18日 (水)

「かぼッコリー」生で食べるカボチャおいしいのォ?

印刷

   新顔のめずらしい野菜を紹介する――と言って、小木逸平アナがナマの皮つきカボチャに食いつき、かじりだした。なかなかショッキングな映像で、この暑さのせいでと心配してしまいそうだが、ご心配なく。

タネまで食べられる

   それは、包丁で簡単に切れ、生でも食べられるカボチャ「かぼッコリー」だったのだ。硬くて調理しづらいというイメージをくつがえした画期的な新商品なんである。

   食材宅配サービスのOisixで売られていて大人気。7月上旬から8月下旬までが時期で、1玉365円。見た目、カボチャとしてはずいぶん小ぶりだ。

   番組コメンテイター陣によるナマ食会では、「えっ、タネまで食べられるんですか」(赤江珠緒キャスター)、「キュウリっぽい」「中は甘い」などの感想があったが、とくにおいしいという評価は聞かれなかった。

   なお、同じ野菜の「ブロッコリー」とはとくに品種的な関係はないそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中