大人ほど泣かされてしまうトイたちの『健気』

印刷
(C)DISNEY/PIXAR
(C)DISNEY/PIXAR

<トイ・ストーリー3>カーボーイ人形のウッディとスペースレンジャーのバズをはじめとするオモチャたちは、持ち主の少年アンディに愛され、幸せな日々を送っていた。ところが、そんなアンディももう17歳。大学に行くことになったアンディは、ウッディを除くオモチャを屋根裏部屋に片付けようとする。しかし、アンディの母親にゴミと間違えられたことから、オモチャたちはなぜか託児所「サニーサイド」に寄付されることになってしまう。ディズニーとピクサーの共同制作アニメーションの大ヒットシリーズ第3弾!

捨てられてもアンディの幸せ願うウッディやバズ

   ピクサーの映画は子供が観ても楽しめるが、それ以上に大人が観ても楽しめる映画である。ただの夢物語ではなく、ちゃんと起こりうる厳しい現実から目をそらさずにシナリオが展開していくからだ。

   「子供が大人になったらオモチャたちはどうなる?」という悲しい現実に直面するお馴染みのオモチャの面々。彼らは「自分たちはいずれ捨てられる」とすでに自覚しているから、なお悲しい。それでもアンディの幸せを一番に願う彼らの姿は、健気としかいいようがない。

   前作「カールじいさんの空飛ぶ家」でもそうだったが、ピクサーは映画の冒頭数分で作品の大事な要点をしっかり伝えてしまうストリーが多い。ウッディやバズを両手に持ち、オモチャたちに囲まれてはしゃぐ幼き日のアンディ。オモチャたちともに成長して大人になったのに、追いやられるように箱にしまわれ、遊んでもらえなくなってしまったオモチャたち。この回想シーンは、誰もが大人になるなかでそうしたであろうと思うと、自分のことだったのかと胸を突かれる。

宮崎アニメのキャラクターもカメオ出演

   忘れてはならないのがシリーズに欠かせない細かいギャグの数々。バービーは恋人ケンと、「サニーサイド」で運命の出会いをする。ナルシストでお馬鹿なケンだが、二人のラブラブぶりは爆笑もの。だが、彼らの愛の強さが、意外にも映画の終盤を盛り上げることになる。そして、バズはなんとスペイン語ができることも発覚!

   また、有名映画のパロディから、日本ではお馴染みのあの宮崎アニメの看板キャラクターがカメオ出演しているなど、見どころ満載であるのでいろいろと注意して観て頂きたい。

   ピクサー映画にやっぱりハズレなし。だけど、このあまりにも切ないテーマは、子供が見るにはちょっと可哀想すぎる気がしてしまう。オモチャたちが最後に選んだ選択と仲間たちの絆に、ラストは感極まって涙。

PEKO

オススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中