2018年 7月 22日 (日)

「暴力乗客」全員警察に突き出し職場に通報しろ!

印刷

   駅や車内で1日平均2.4人の駅員や乗務員が、乗客から殴られたり蹴られたり、ひどいときは傘でノドを突かれる被害に遭っているという。

   日本民営鉄道協会が明らかにした駅員や乗務員が受けた暴力は、全国で09年度869件に達し、過去最悪になった。では、どんな暴力が繰り返されているのか。

【ケース1】男が電車に駆け込もうとして、閉まりかけた扉に持っていた傘を強引に差し込んだ。危険を感じた駅員が駆けつけて傘を引き抜いたが、男はその傘で駅員のノドをひと突き。
【ケース2】30代と見られる女。ホームの端を千鳥足で歩いていたので駅員が注意したところ、いきなり殴る蹴るの乱暴。女は駅員の腕と肩にも噛みついた。

   乱暴を働くのは圧倒的に男が多いが、最近は女の加害者も増加傾向にあるという。しかも悪質化している。女の場合、言葉の暴力も多い。ハイヒールでテーブルを叩き、「上司を連れて来い」と怒鳴ったり、「私はあなたを許さない。土下座しなさい」とわめくのだ。乗客が見ている前で土下座させられた管理職が何人もいるという。

加害者の6割が飲酒

   協会の調べによると、そうした加害者の57.4%が酒を飲んでいる。

明日から仕事ありません

   司会のテリー伊藤「酒を飲んでの暴力ということで夜ですよ、夜は警備員を置くといういい」

   ただ、コストの面から限界があり、どれほどの効果が期待できるか。

   コラムニストの勝谷誠彦はこんな意見を披露した。

「これはモンスター・パッセンジャーですね。日本の警察は現場裁量主義なので説諭で済ませてしまう。暴力乗客は全員警察に引き渡し、職場に通報すればいい。明日から仕事ありませんよ」

   警察に引き渡し、職場にも連絡するという警告ポスターを掲示するだけでも効果はありそう。そこまでしないと理不尽な暴力がなくならないストレス社会・日本に問題があるが……。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中