111歳ミイラ遺体「年金手続き」「610万円引き出し」娘夫婦・孫のだれが…

印刷

   東京・足立区で111歳といわれていた男性が、すでに30年以上前に死亡していたという話。90年前に実家のお寺を飛び出したままだという。家族や金銭関係も腑に落ちない。江戸川乱歩というより横溝正史の方かも。

   この男性は加藤宗現さん、生きていれば111歳で、足立区では都内最高齢者としてきた。しかし、区が確認に動いたところ、自宅で死亡していることが明らかに。部屋には1978年の新聞があったことから、死んだのはそのころではないかという。

   奇妙なのは家族で、妻は2004年101歳で亡くなっているが、娘(81)とその夫(83)、孫娘(53)と孫息子(49)が32年間、遺体と同じ家の中に住んでいたわけだ。しかし、区が6月に確認した時、家族は「岐阜のお寺に行っている」と答えていた。

   家族の話では、宗現さんは「即身成仏」だと部屋に閉じこもったままになったというが、死んでいるのを確認したのが2年前だとか、つい最近だとか、わけがわからない。

   また、妻は元教員だったため、死後、遺族年金が宗現さんに支払われており、家族に年金詐取の疑いも出ている。これまでの総額950万円のうち610万円が引き出されているが、孫娘は「返すつもりで使ってない。別のところに移してある」と言っているという。これもよくわからない。

警察は死因にも注目

   宗現さんの実家は岐阜のお寺だというので、所太郎レポーターが訪ねた。寺の話では、宗現さんは20代で実家と縁を切って出て行き、以後音信不通。数年前、孫という男性が訪ねてきたことがあり、「(祖父は)母が見てます」と言っていたという。

80代以上は年金も大きい

   足立区から問い合わせがあったが、寺側は思い至らず、死亡報道で「あれっ」と思ったとか。ただ、寺は浄土真宗なので「即身成仏」はないと首を傾げている。

   赤江珠緒キャスターが「岐阜の親族の方も驚いたでしょうね」

   所「警察は宗現さんの死因と年金の金の動きに注目しています」

   赤江「年金の手続きをしたのは家族ですよね」

   吉永みち子(作家)「これも最高齢だから確認が必要だというのでわかった。もしそうでなければ、わからないですよね。80代の人には年金も大きいですから」

   鳥越俊太郎(ジャーナリスト)「役所の方がどうするかが問題。高齢化でこれからは100歳なんてざらになる。100歳になったらチェックするとかしないと……」

   ん? 赤川次郎の世界か?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中