アナタの家にも付けられてる!?盗聴器40万個野放し

印刷

   「スパモニ」が以前から力を入れている「盗聴器」問題。今回は5日間の調査で7個の盗聴器が見つかった。「実態は何も変わっていない」と専門家は言う。これも社会が病んでいる証のひとつなのか。

タップやコンセント

   大阪市郊外の住宅街で電波をキャッチした。新築の住宅だった。「なんで新築の家に盗聴器が付けられているのか」といぶかる調査会社の酒井賢一さん。これまでにも大阪府教委に仕掛けられた盗聴器を発見するなどの実績がある。

堂々と売っている

   家に入ってみると、一家の娘さんの部屋からだった。父親が娘に「お前の声、丸聞こえやど」と叫んだ。テレビの後ろのコンセントに付いていた三つ叉のタップ。これが盗聴器だった。

   「市販品でしょ?」と父親。「市販の盗聴器です」と酒井さん。

   聞けば、娘さんは6か月前まで近くのワンルームマンションに住んでいて、タップはその時から使っていたという。だれが付けたものか。それまでの人間関係が一気に暗転する。

   次は神戸のマンション最上階の9階の部屋だった。位置が高いと、電波は半径500メートルくらいまで飛ぶ。今度は台所の三つ叉のタップだった。いったいだれが!

   酒井さんによると、付けて歩く不届き者だけでなく、飛んでる電波を聞いて楽しむ連中がいる。ネットで場所と周波数などが伝えられているのだ。

   もう1件はオートロック付きのマンション。こんどは部屋のカベの埋め込み式のコンセントだった。前の住人の時代に仕掛けられたものだろうという結論になった。

取り締まる法律なし

   神戸のマンションの住人が「被害届けを出すべきか」と聞くと、酒井さんは「出してもまったく何もしてくれません。これが問題」と言う。電波を聞いても罪にはならないからだ。罪になるのは、部屋への侵入か、電波が強すぎた場合の電波法違反だけ。住人は「なぜ盗聴器の存在そのものが罪にならないのか」と不満そうである。しかし、盗聴器は年間40万個が売れている。

   スタジオで酒井さんは「製造販売が野放しだとしても、機器を設置する行為自体を取り締まれないものか」と言う。「包丁だって本来料理のためですが、使い方で人も刺せるでしょ」

   落合恵子(作家)が「盗聴器と発見器を同じ店で売ってるんでしょう?」とポイントをつく。鳥越俊太郎(ジャーナリスト)も「堂々と売っているのは、どう考えてもおかしいよ。ワイヤレスマイクと原理は一緒というけど、マイクはマイクの格好をしてる」

   赤江珠緒キャスターは「取り締まれますよ。プライバシーに関して甘いですね」と威勢良く断言した。そうそう、踏ん切る人が必要なんだ、この手のことは。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中