2018年 7月 19日 (木)

サンマ高値「庶民の味」じゃなくなっちゃう?

印刷

   猛暑日が続く中、ちょっと気が早い築地魚市場から届いた秋の味覚・サンマの話題を取り上げた。

   といっても、値段アップの庶民には苦い話。異常気象に関係あるのか、水揚げ激減で昨年に比べ1匹あたり100円ほど高いという。

海水温高く漁獲大幅減

   築地の場外市場の店頭には、北海道産の刺身用新サンマが1匹580円(例年は480円) と表示されていた。解禁されたばかりの北海道釧路漁港で漁師に聞くと、2日がかりの漁でも水揚げは昨年の半分以下という。

9月になれば…

   原因はやはり異常気象にあるらしい。サンマの生息地は海水温が10~15度の北西太平洋、北海道とアラスカの中間海域だが、今年は海水温が高く、サンマが集まってこないのだという。

   スタジオでは「高いサンマは食べたくないよ」の声が上がったが、先週サンマを食べたというテリー伊藤は「まだ脂がのっていない。9月に入ればおいしいサンマが食べられますから、いまムリして食べることはない」と言う。

   ただ、最盛期に入る9月以降になれば値段が下がるかというと疑問だ。水産庁は昨年の漁獲高351万トンに比べ、今年は221万トンと推定しており、値段も昨年の1・3~1・5倍、1匹120~130円(昨年は約80円)と値上がりが見込まれている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中