2018年 7月 19日 (木)

【感涙戦評】「唐川2世」快投 成田・中川の前に、豪打の智弁和歌山散る

印刷

8/7 第2試合▽1回戦▽智弁和歌山 1−2 成田
智|000 001 000|1
成|000 020 00X|2

    成田の好投手中川と強打の智弁和歌山の見応えある勝負だった。試合を分けた成田の2点は5回、先頭安随(あんずい)の死球がきっかけ。中川がバントで送ると大木が0-2からの内角球を右中間に二塁打した。智弁和歌山の高嶋監督はここでピッチャーを青木に替えたが、続く岡が2球目を左前適時打して2点目を奪った。

    この得点を守り切った中川は流石だ。ゆっくりと左足を上げる始動で外角に切れのいい直球を投げ込む。このフォームは先輩の唐川(千葉ロッテ)と同じだが、唐川が上手投げなのに対し中川はやや横手投げ気味。浮き上がるように厳しいコースに決まる速球と外角低めのスライダーは威力があった。打力が看板の智弁和歌山打線から14三振を奪ったのは見事だ。6回に2死二塁から山本定に左前適時打された1失点だけで切り抜けた。

高嶋監督、自身の持つ通算勝利記録塗り替えられず

    智弁和歌山は5回の継投が裏目に出た。先発の上野山が得意の内角低めを打たれたことでベテランの高嶋監督はここが限界と見たのだろう。結果として打たれたが、和歌山大会から継投でしのいできた。その戦法に悔いは無いはずだ。監督として甲子園通算59勝という記録を持つ高嶋監督だが、60勝目は成らなかった。

岡田 忠


岡田 忠(おかだ・ちゅう)プロフィール
スポーツジャーナリスト。1936年広島県生まれ。立命館大学卒。朝日新聞社東京本社編集委員を96年に退職して現職。高校・大学では野球部に所属し投手 をつとめる。高校野球のテレビ解説経験も豊富。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中