ツイッターで番組にリアルタイム参加の新しさ楽しい

印刷

革命×テレビ 地球同時多発情報SHOW(TBS系日曜夜11時30分)>深夜枠では珍しく生放送のこの番組の特徴は、今までになかった、まさにタイトル通りの革命的な情報の発信方法だ。

   インターネットのライブ配信サービスUstreamを使い、世界各地から生中継して、その映像の感想を視聴者や有名人がつぶやきがTwitterに書き込み、そのまま番組で紹介される。

新しいテレビの見方模索中

   今回は「うわさの最先端」というテーマで、日本からはもちろん、アメリカからも生中継がされ、食べられる紙料理やiPhoneを使って動かすロボットなどが紹介された。食べられる紙料理については、厚さわずか0.1ミリの紙なのに、写っている写真と同じ味、香りがするということで、スタジオの雨上がり決死隊の2人も驚きながら実際に食していた。将来は栄養も味も本物同様にし、保存食としての活用を目指しているという。

   番組ではTwitterを通して、戦場カメラマンの渡辺陽一さんからの「戦場にいる方々に封筒に入れてこの紙料理を届けたい」というつぶやきや視聴者からの「紙料理食べてみたい」「将来、そんな料理増えそう」などのつぶやきを紹介していた。

   Ustreamや Twitterのサービスを利用して「リアルタイム」を追求したこの番組は、新しい形式のテレビの放送方法を模索しているのだろう。視聴者はTwitterを使うことによって、今までよりリアルタイムで自分の意見が示されるため、番組に参加している意識が強くなる。『革命×テレビ』は新しい試みをすることによって視聴者を飽きさせない番組であった。

どらみちゃん

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中