【試合短評】初回先制の前橋商が完封勝利

印刷

8/8 第2試合▽1回戦▽宇和島東 0-3 前橋商
宇|000 000 000|0
前|200 000 10X|3

    前橋商の快勝。1番から6番まで左打者を並べた前橋商は1回、1死から斎藤が右三塁打、続く後藤が一塁内野安打で先制。さらに盗塁、暴投のあと箱田が中前適時打、いきなり左打者打線が生きた。7回には左犠飛で加点。野口が上手いけん制などで宇和島を完封した。

    宇和島東は6、7回の反撃機に一塁走者が投手のけん制球に刺されるなど野球巧者らしからぬ敗戦だった。

岡田 忠


岡田 忠(おかだ・ちゅう)プロフィール
スポーツジャーナリスト。1936年広島県生まれ。立命館大学卒。朝日新聞社東京本社編集委員を96年に退職して現職。高校・大学では野球部に所属し投手をつとめる。高校野球のテレビ解説経験も豊富。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中