【感涙戦評】先輩・斎藤佑樹の幻影を振り払い早実が完封

印刷

8/9 第2試合▽1回戦▽倉敷商 0-2 早稲田実
倉|000 000 000|0
早|000 020 00X|2

    白いユニホームに海老茶色でWASEDAの文字。4年前に全国制覇した斎藤佑樹(現早大)のマウンド姿を思い出したファンは多かったことだろう。それ以来の出場となった早実のエース鈴木にとって先輩との戦いでもあったに違いない。小気味よい投球だった斎藤に比べ、実に丁寧でストライクゾーンを十二分に生かした優れた技巧の勝利だった。

    鈴木のピッチングは球を散らすことに主眼を置いていた。仕留める球種を決め、それから逆算して組み立てた。1球で打ち取るのではなく球数を使ってアウトを稼ぐというもので、捕手の好リードとの合作で完封劇を作った。6回まで走者を出したイニングが4度。2、3回はともに走者を得点圏に背負ったが、後続を内野ゴロ、三振に切って取った。7回からは5連続三振など一人も走者を許さなかった。リードしてからは斎藤の幻影を完全に振り払ったようなナイスピッチングだった。

勝敗を決した5回の「エアポケット」

    一方の倉敷商を支えたエース島田も鈴木と同じタイプの緩急自在の投球だった。お互いにバットのシンを外し、打者の読みの裏をかくという高校生とは思えないテクニックを披露した。投球内容では互角だった。

    明暗を分けた5回裏の2点は予想外の出来事が重なった。早実の菅井のゴロを三塁手が失策。送りバントなどで2死3塁となったところで9番の鈴木が右前へしぶいタイムリーで先制。続く重信が3塁打を放って加点した。失策と投手の安打。好試合、投手戦の中にあってエアポケットに陥ったようなシーンだった。勝負の怖さである。

    倉敷商は早実が最も警戒した4番川合が2安打。ところがいずれもその前に走者がいなかった。3番江草は4打席3三振で1度も出塁できなかった。相手バッテリーに分断されてしまったのである。早実の巧者ぶりがうかがえた。

菅谷 齊


菅谷 齊(すがや・ひとし)プロフィール
1943年、東京生まれ。法政大学卒。法政二高硬式野球部時代に甲子園で夏春連覇(1960,61年)を経験。共同通信社ではプロ、アマ野球、大リーグを主に担当。84年のロサンゼルス五輪特派員。プロ野球記者クラブ、野球殿堂入り選考の代表幹事を務める。野球技術書など著書多数。現在、日本記者クラブ会員(会報委員会委員)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中