活動休止の宇多田ヒカル「人間活動」ってこういうことです

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(27)は8月9日(2010年)のブログで、年内をもってアーティスト活動を休止すると発表した。

   15歳でデビューしてから12年間、「過保護に守られた生活」のなかで音楽活動に専念してきた。アーティストとして色んなことにもチャレンジし、「少しは成長できた」と思っている。ただ、音楽中心の生き方をし始めた15歳から、「成長の止まっている部分」があり、それは「人として、とても大事な部分」だという。アーティストとして今後も進化するためには、「音楽とは別のところで、人として、成長しなければなりません」と考えた。

   活動休止の間は「人間活動」に専念する。「新しいことを勉強したり、この広い世界の知らないものごとを見て知って感じて、一個人としての本当の自分と向き合う」ことで、「結果的にはアーティストとしての私の成長につながるはず」という。

「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」

   年内は新曲をリリースしたり、テレビCMに出演したりして、「ぱ~っと音楽活動したい」と綴っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中