三倉茉奈、もんじゃ焼きで「関西人の意地」

印刷

   双子タレントの三倉茉奈(姉)が都内のお好み焼き&もんじゃ焼き屋で、「セルフ」式を初体験した。はじめは何でも自分で作ることに驚いたが、次第に「鉄板焼き文化を持つ関西人としての意地」が出てきた。

   人生で3回しか食べたことがないという「もんじゃ焼き」も初めて作った。見よう見まねで、キャベツを刻みながら炒めて丸く土手を作り、その中に生地を流し入れた。周囲から「ちょっと違うやろー」「こんなんやっけ―!?」とブーイングを受けながらも、なんとか完成。見た目は「野菜炒め風」になってしまったが、「それなりに美味しかった」という。「もしまた行く機会があれば気合いを入れて挑みたい」と意気込んでいる。(2010年8月13日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中