菅内閣「靖国見送り」適切な判断か…コメンテーター陣こんな評価

印刷

   菅直人総理はじめ全閣僚が終戦記念日の靖国神社参拝を見送ったことについて、MCみのもんたがコメント陣に、どう受け止めたか聞いた。

   末吉竹二郎(国際金融アナリスト)は、小泉純一郎元首相が参拝したことで日中関係が冷え込んだとし、「日本が迷惑をかけた中国、韓国が嫌うことを、どうして公的立場の人がやるのか。今回、閣僚が参拝しないのは適切だと思う」と述べた。

アジア諸国との連携重要

   きょう(8月16日)初登場の永井昌代(PRプランナー)も「評価します」と言い、「これからの国際社会の中でアジア諸国との連携は重要。中国、韓国との関係を良好にしていくうえで正しい判断だった」と続けた。

毎年 不毛な議論

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)は「A級戦犯(の合祀)は大きな問題としてあるが、戦争の貴い犠牲になられた人たちに対して、われわれがしなきゃいけないことがあるのも事実。それが靖国なのか、別な場でできるのか、もう1度考えてみるべきだ。戦後65年たって、毎年、不毛な議論をするのはいかがなものか」と語った。

   アメリカでさえ中国重視を鮮明にしているとき、民主党政権としてもアジア配慮の姿勢を打ち出さないわけにはいかないということだろう

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中