ニコラス・ケイジ直撃 舞台裏ミエミエだけどインタビューと学生まぁマトモ

印刷

「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」(テレビ朝日)2010年8月11日01時51分~

   「すべての学生には可能性がある!!」と大学生・専門学生の才能を発掘し世に送りだそうという趣旨の番組。この日は「ニコラス・ケイジにインタビューする美女学生HEROES」ということで、アナウンサー志望の女子大生が映画「魔法使いの弟子」に主演するニコラスに自らアポをとり2ショットインタビューを実現させるものだった。
   女子大生がプレミア試写会のレッドカーペットで歩くニコラスに得意の英語で「インタビューさせてください」と話しかけてOKを貰い、翌日、無事インタビューするという流れなのだが、その辺の女子大生が直接話しかけて許可を貰えるはずがない。事前に局がアポどりしていることは明らかなのに、さも彼女の手柄のように見せる演出は問題あり。インタビューに備え、ハリウッドスターに何百回もインタビューしているという男性が講師になり、心構えやコツなどをレクチャー。その教えを守って堂々とインタビューするところは良かったのに残念。おいしい体験をさせるだけならキッザニアと変わらないではないか。
   とはいえこれまでテレビが扱う学生は「恋のから騒ぎ」(日本テレビ)や「キャンパスナイトフジ」(フジテレビ)に出演していたキャバ嬢と見分けがつかないほど派手な女子大生かアニメおたくの草食男子というのがお決まりだったが、この番組に出てくる学生はまともなので好感がもてる。日本にもちゃんとした学生がいたんだ。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中