2019年 11月 23日 (土)

【取材秘話】中学校の床下で発見された大優勝旗

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

取材秘話・フラッシュバック(12)


    甲子園でプレーする選手たちの究極の目的は、真夏の選手権を象徴する「深紅の大優勝旗」を手にし、地元に持っていくことである。それが全国制覇、日本一の証…。連日の激しく厳しい練習はそのために行う。

    たった一つの学校にしか与えられない優勝旗は、現在は大会中、貴賓室に置いてある。決勝の日まで若人の戦いぶりを見つめている。

    高校野球の歴史に残る決勝での18回引き分け、再試合を演じた三沢-松山商(1969年、第51回大会)の頃のことである。ふと「優勝旗はどこにあるのかな」と思いついた。そこで甲子園球場で事務所に尋ねると、女性職員が案内してくれた。「ここの中です」と教えられたのは狭い物置だった。引き戸を開けると、すぐそこに立てかけられてあった。歴代の優勝校のリボンがたくさん垂れ下がった、まぎれもない優勝旗だった。当時は、狭い物置でひっそりと最終日を待っていたのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中