他の乗客が視界に入らない高速バス「究極の個室座席」

印刷

   安くて便利だが、座席が狭い、腰が痛くなる、疲れるーーといわていた高速バスのイメージが変わるらしい。「体が痛くない」「寝心地が良かった」と利用した人たちは言う。ただ、料金はちょっと高い。

東京・大阪平日9800円と料金高め

   「究極のバス」を作ったのは、ピンクの車体で知られるウイラートラベル。外観は変わらないが、秘密は座席にあった。「コクーン(繭)」と名付けたように、座席が一つひとつ独立していて、乗客同士も隔離された感じで座る。立って見渡しても、乗客の姿は見えない。

安眠できる

   レポートの高木千晴は「宇宙船みたい」と言う。まさにSF的だ。座席が進行方向に向かって斜めに配置されているため、足を伸ばして座れる。

   「私は身長164センチですが、まだまだ余裕があります」

   脱いだクツを置くスペースもあり、鏡も付いている。正面には液晶画面があって、映画やゲームも楽しめる。

   製造コストは普通座席の4倍、開発に3年かかったという。すべて利用客の声からの発案で、これまでにも寝顔を見られない蛇腹式の覆い、女性専用の花柄のシート、カーテンの仕切り、大きなトイレを作ってきた。

   7月から運行を開始した「コクーン」は、東京・大阪平日で9800円と、最安料金の3倍だが、お盆休みは満席だったそうだ。

   高木が1人でカメラを持って大阪まで乗り込むことになった。ゲームをしたり、飲み物を飲んだり、あくびをしたり、映画を見たりする高木が映っている。8時間後、大阪に到着して「疲れてないです。顔疲れてないですよね」とカメラの向かって話す

トイレが設置されていない秘密

   テレビ朝日の前に本物のバスが到着。「まだ、3台しかないんですよ」と高木が乗り込んだら、スタジオの面々がみんなすでに乗り込んでいた。

   赤江珠緒キャスター「家にいるみたい」

   タレントの東ちづるはDVDに夢中。コメンテーターの鳥越俊太郎は「安眠できる。どうしてもっと早く考えなかったのかな」

   漫画家のやくみつる「個室感覚ですね。向かい側の視線がない。ただ、ちょっと足が……」

   たしかに、やくではちょっとはみ出す感じだ。

   ゲームをしている小木逸平アナに、「ひとつ欠けているものがあるんですが、わかりますか」と高木。

   小木「やくさんと気づいた。トイレがない」

   ハイ正解。手を挙げると、パーキングエリアに止まってくれるのだそうだ。

   赤江が「他の人が何をしてるか全くわからない」

   高木「それが特徴です」

   東「海外旅行にもいけそうな」(笑い)

   鳥越「九州まで行ってみたいね」

   お年寄りには無理では? 大阪まででも8時間ですよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中