熱中症の東尾修 「たかをくくってた!」

印刷

   プロゴルファーの東尾理子(34)が8月18日(2010年)のブログで、熱中症で入院していた野球評論家の父、東尾修(60)の退院を報告した。

   修氏は16日、ゴルフ中に熱中症で倒れて入院。理子が病院に駆けつけたときは、「話もできないくらいで本当に心配」だったが、現在は回復して元気だという。

   このブログには、「自分がこんなに騒がれるとは思ってなかったので、ビックリしました」という修氏自身のコメントも掲載。

   修氏は続けて、

「自分は、元プロスポーツ選手だから大丈夫だとたかをくくっていました。自惚れでした!」

と反省し、

   「水と塩をとる量、タイミング、非常に大切ですね。皆さんも、他人事だと思わずに、自惚れずに、本当に気を付けて下さいね!!」

と注意を呼びかけている。

   猛暑が続く今年の夏。タレントの所ジョージ(55)も今月のはじめ、草むしり中に熱中症で救急搬送された。家族に心配をかけないためにもしっかりとした暑さ対策が大切だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中