ケガ人続出で放送中止「オレワン」ってどんな番組だったの?

印刷

   8月22日に放送予定だったフジテレビ系「オレワンスペシャル」が中止になった。出演者の「我が家」の杉山裕之、陣内智則が番組収録で骨折などのケガを負い、当初は彼らの出演シーンだけをカットして放送することも検討されたが、さらに「ハイキングウォーキング」の松田洋昌も骨折していたことが明らかになって、さすがにこのまま放送するのはまずいと判断したようだ。

   そもそも、この「オレワン」とはどんな番組なのか。今年3月までは深夜枠の放送されていて、芸人たちが「これならオレが芸能界ナンバーワン」というユニークな種目を提案し、その記録に他の芸人が挑戦して「ナンバーワン」を競うという番組だった。提案された種目は「氷上腹すべり」「プリン早食い」「警察犬逃げ切り」「水上ゴザ走り」「つまようじ鼻入れ」「回転寿司流れ食い」といったバカバカしいもので、そんなものに挑戦する芸人たちの懸命ぶりを笑おうという企画だ。ゴールデン帯に2時間スペシャルでやる予定だった。6月にもスペシャルが放送されていて、15・3%の高視聴率を記録。2匹目のどじょうを狙ったのが22日予定の放送だった。

   もともと失敗が見せ場の1つだから、芸人たちはウケ狙いで派手に失敗しようとムチャをやる。それがケガ人続出となった原因となった。杉山と松田は「座布団ジャンプ」、陣内は「ローション腹すべり」で骨折した。芸人に珍妙なことをやらせて笑うという番組、そろそろやめたらどうなのだろう。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中