「とくダネ!」東京・町田で井戸を掘る。はたして飲めるのか…

印刷

   「最近のテレビでは、途上国で井戸掘りのお手伝いをするというのがありますが」と小倉智昭キャスター。今回は日本の首都・東京で井戸を掘ってみようという温故知新な企画である。

飲んでみてよ

   東京・町田市にある協力者のお家の庭の一角で、一家と荘口彰久リポーターが専門家の指導を受けつつ、4日がかりで4.5m掘り進め、専門的な補強などの施工を施して完成した。

   スタジオでは、荘口がその井戸水のボトルを手に持ちながらリポート。見た目は「きれいで冷たい。おいしそう」だが、水質検査の結果、細菌が基準値を超えてるため飲用には不適合なのだという。

   「浅い井戸は地表の人間活動の影響を受けやすい。東京では30mは掘らないと飲める井戸水にならないのでは」(筑波大准教授)

   せっかく掘ったのに――と残念ムードのなか、パワハラオグラは「飲んでみて」と荘口に要求するも断られ、「飲まないんだ」と意外そうであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中