「ゲゲゲの女房」松下奈緒 撮影終了「寂しさと脱力感」

印刷

   女優の松下奈緒が8月20日(2010年)のブログで、出演していたNHKドラマ「ゲゲゲの女房」のクランクアップを報告している。

   9か月にわたって続いた撮影が終わり、現在の心境を「なんと言っていいのかわからないくらいの寂しさと、脱力感があります」と語る。明日からスタジオに行く必要がなくなり、スタッフとの掛け合いが無くなってしまうことを思うと、安心感のある現場だったと振り返った。

   ドラマは、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝をもとに作られ、劇中で布美枝役を演じた松下は、「いろいろ大変さ辛さはありました」。ただ、布美枝を演じる中で、「いい影響や人生観が変わり、笑顔で朝ドラを卒業できる」と満足そうだ。一生懸命やりきれたことは自信にもなりそうだという。

「放送はまだ続きますが最後までどうか楽しんで見てください」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中