2018年 5月 24日 (木)

上原浩治 メジャー初セーブで珍しい記録達成

印刷

   MLBボルチモア・オリオールの上原浩治投手が8月22日(2010年)のブログで、ちょっと珍しい記録の達成を報告している。

   21日(日本時間22日)のレンジャーズ戦に9回3番手で登板した上原は、1安打無失点で抑え、メジャー初セーブを記録した。これにより、日米で勝利、ホールド、セーブすべてを達成。「なかなかこんな人いないやろ? しかも初セーブのボールを貰っちゃった」と振り返った。

   まさかクローザーとして投げるとは思っていなかったというが、マウンドでは不思議と緊張感はなかった。抑えを任された日本での経験が生きたからだ。ただ、1発出れば同点の場面で迎えた強打者、ブラディミール・ゲレーロ選手との対戦は「さすがに嫌だったね」。今回のピッチングでは「スプリットがほとんど。前回のファーストボールが相手の頭に残っていたから、うまいことタイミングをズラすことができたと思う」と総括している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中