NHK「あさイチ」子豚ぶーちゃん 口蹄疫終息で番組復帰

印刷

   宮崎県の口蹄疫被害の広がりで、出演を自粛していたNHK情報番組「あさイチ」のマスコット子豚の「ぶーちゃん」が8月23日(2010年)の放送から復帰した。

   ぶーちゃんは春の放送スタートからかわいらしいしぐさでたちまち人気者になったが、5月に宮崎県に口蹄疫が広がり、被害農家などの心痛を考慮して出演を控えて、実家のペットショップに帰っていた。しかし、先月末に宮崎県の牛や豚の移動制限が解除され、今週中にも「終息宣言」が出される見通しになったため、実家から戻ってきた。

   ぶーちゃんは生後8か月の雌ブタで、好物はリンゴ。実家に帰っている間に大きく成長して、現在は体重12キロ。人に換算すると中学生ぐらいらしい。キャスターのV6の井ノ原快彦も「もうぶーちゃんじゃなくて、これからはぶーさんと呼ばないと」と言えば、有働由美子アナも「ちっちゃいころはそんなイメージなかったけど、ホントにブタだったんですね」と言うぐらい大きくなって、番組中もエサをガツガツ。大人のブタになってもずっと出演して欲しいが、本番で大きな声で鳴いたりするようになると問題か……。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中