チリ生き埋め救出「現地取材に行こうよ」みのもんた大張り切り

印刷

   南米チリで地下700メートルに作業員33人が生き埋めになり、17日後に奇跡的に全員生存が確認されたニュースは、日本でも大きく取り上げたれているが、「朝ズバ!」司会者のみのもんたは現地取材に積極的。番組の中でも、何度も「行きましょうよ」と提案した。

1日20メートルで4か月

「地下700メートルといっても想像がつかないよね。だっていま建てているスカイツリーが、えーと634メートルでしょ。それよりも深いんだから。早く掘ってあげてよ」
地下700m想像つかない

   みのもんたは言う。地盤が悪く1日に20メートル掘り進むのがやっとで、どんなに急いでも4か月はかかりそうだという。現在は流動食、栄養剤、水なども運び込まれているが、発見されるまでどうやって生き延びたのか。読売新聞の記事を紹介する形で伝えた。

   記事によると、食事は48時間ごとに「スプーン2杯のツナ、ミルク1口、ビスケット1枚」だけで、水はショベルカーで地面を掘って地下水をくみ出して飲んでいたという。

   それにしても、33人がパニックにもならず、食料・水を分け合った冷静さには驚嘆する。相当しっかりしたリーダーシップがあったのだろうか。

   みのがテレビ業界人らしい感覚を見せた。

「取材のカメラ出てるの? 朝ズバから。エッ、行ってない。出しましょうよ、取材のために。これ取材しましょうよ」

   救出劇のテレビ中継をやったら、視聴者がかじりついて見るのは必至だ。来週あたりから、「朝ズバ!」の現地映像報告が始まるかもしれない。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中