「絵を描く象」CM タイ・チェンマイの「トーンペット」君が本当に描いてた

印刷
「すごーい! 絵を描く象だ」

   ケータイ電話機のCMで、象が絵筆を鼻で握り、絵を描いてるように見えるが、はたしてあれは本物なのか。

絶対手伝っている

   電話機メーカーに聞いたところ、「あれは象が実際に絵を描いてます」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ)とのことで、「とくダネ!」はタイの古都チェンマイの郊外にある「メーサ・エレファント・キャンプ」に飛んだ。

   すると、CMに出演した象のトーンペット君が約10分間で白いキャンバスにCMとそっくりな花の見事な絵を描きあげたではないか。ここには象の絵の美術館があり、8頭の象が7時間かけて描いたという「大作」の風景画も飾られている。

   「象だけで描いてますか、本当に?」と中野美奈子アナ。

   「いや絶対に手伝ってる」と小倉智昭キャスター。

   人間が象を手伝っているのか、厳密にはその反対の可能性も考えられないではない。番組の取材映像を見る限りは、絵の具をつけた絵筆を手渡すのは人間だ。そして、象が描く間、絵筆を手渡した彼が象の耳を触っていたようだったが、その触り方でなんらかの合図を伝えているとの見方があるようではある。いずれにしろ、見事な「芸」には違いない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中