福山雅治デリケートな素顔見えたカレーライス

印刷

「トップランナースペシャル 福山雅治~僕の一日夏休み~」(NHK総合)2010年8月21日22時~

   福山雅治をゲストに迎えた夏のスペシャル企画。多忙な福山に1日の夏休みをということで、いつものスタジオではなく山梨県西湖でのロケだった。森の散策やロッジでのカレーづくりをしながらのトークはいつもと違う新鮮さがあった。 MCの田中麗奈が中心で作るはずだったカレーもいつの間にか福山が仕切り、しかもカレーのルーを溶かす際には一度に入れてしまうのではなく、少量ずつお玉の上で溶いてから全体に馴染ませていくという丁寧な仕事ぶりに福山のデリケートな一面が垣間見えた気がした。
   面白かったのは箭内道彦が書いた詩のワンフレーズをもとに福山が詩作する場面だ。箭内の陳腐(?!)な詩を福山が「自分だったらこう書く」とアレンジ。言葉を足したり削ったり、紙に書いた詩をフレーズごとに切り離して前後の位置を変えたりしながら、ひとつの詩を完成させていく様子を捉えていたのはよかった。
   初めて詩を書くことになった時、どうすればいいかわからなかったら担当ディレクターが、好きな人が出来たらどうしたい? どこに連れて行ってあげたい? などと質問され、答えを書いたら詩になっていたというエピソードや、「俳優を続けているのはうまく出来なかったことが悔しかったから」と本音を語る福山。自然が開放的にさせたのだろう。たまにはこういう企画もいいのでは。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中