1等当選確率5倍の宝くじ発売…でも、1枚500円で人気イマイチ

印刷

   「1等2億円が当たる確率が、史上もっとも高い宝くじが発売になっています」と笠井信輔アナ。今日31日~9月17日まで発売される「宝くじの日記念」の宝くじは1枚500円とお高めだが、その分2億円が当たる確率も史上最高級にお高いのだという。

「西銀座チャンスセンター」購入者チラホラ

「現場はどうなんでしょうか。並んでるんでしょうか」
並んでいるでしょうか

   笠井はさっそく田中良幸リポーターを呼び出した。田中はジャンボ宝くじの発売時には大行列ができ、ワイドショーなどでもおなじみの西銀座・チャンスセンター前にいる。

   しかし、本日の売り場は行列どころか、閑散。

   「やはり(1枚)500円の影響は大きいですね。現在2人しか買っていません」と田中。

   「えー!?」と笠井。

   9時の発売開始時には15人ほど並んでいたというが、行列はすぐにはけてしまったようだ。

   なお、通常のジャンボは1等が当たる確率はだいたい1000万分の1、今回のくじは200万分の1。これは栃木県民全員が1枚ずつ買うと、誰か1人に2億円が当たる計算だという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中