2021年 5月 6日 (木)

太田ソーリ在任4年半で退陣。放送最終回に「これだけは言っておきたい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   約4年半続いた「太田総理」も今回が最終回。太田光総理(爆笑問題)は緊急辞任会見で、フェイク記者団を前に「オレはもうやけっぱちだ。言いたいことを言わせてもらう。見てろ日テレ!」と吼え、その後も「日テレをぶっ壊す気持ちでやらせてもらう」と、自分のクビを切ったキングメーカーへの不満を滲ませた。

   秘書の田中裕二(同)は「余計なことを言わないで」と心配するが、はじまる前に大きなことを言って、結局尻すぼみに終わるのは、この番組でもよく見られることである。

戦争はもちろん、一切の武力行使を放棄する

   ソーリが最終回を迎えるにあたって、「これだけはやりたかった」のが、戦争と平和についての「大激論」。「正義の戦争はあるのか」「戦争してもいいかどうか」など、ソーリぐらいの御歳であれば、大抵はもう学生でもないし、面倒くさいからもう考えなくなってるか、少なくとも照れくさくて正面切っては語れないテーマである。

   宿敵の石破茂元防衛大臣を相手に、ソーリが残した平和についての「ラストメッセージ」は、番組内でも折に触れて語ってきたことの焼き直し――いやフィナーレにふさわしい集大成だった。

   「日本には独自の立場がきっとあるはず」とソーリは言う。それは銃で解決文化のアメリカに付き従って、イラク戦争を支持することではもちろんない。戦争は一切、自衛手段としての武力行使も拒否することである。

   「北朝鮮から先制攻撃されても、戦争という手段を一切放棄するのか」という竹田圭吾ニューズウィーク日本版編集長の質問に、ソーリは「そうです」と明言した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中