2018年 7月 21日 (土)

佐々木希にふんどしイメージ無理すぎない? この時期に相撲というのも…

印刷

土俵ガール(TBS系火曜深夜0時55分)>森ガール、山ガールの次は土俵ガールときた。森ガールも山ガールも周りの反応はイマイチな感じがするけど、土俵ガールはどうなんだろうか。というか、このタイミングで相撲? と思った人も少なくないはず。

貴乃花親方がドラマ監修・出演

   モデルをやっている光(佐々木希)は、かつて相撲に打ち込んでいた過去を封じ込めていたが、高校の弱小相撲部のコーチを引き受けることに―という話なのだが、まあ、佐々木希みたいな可愛くてスタイルの良い女の子が、相撲をやっていたなんて過去を想像できるわけもなく、「こんな可愛い子が相撲なんてやらんだろー」と、半分やっかみつつも、やっぱり土俵ガールもイマイチといった感想を抱いてしまった。

   ブルガリアからの留学生サトヤンが「尻を出させるために日本に留学させたわけでない」と父親に連れ戻されそうになり、光は勝負を挑む。その勝負というのが、「牛丼を30分でどれだけ食べられるか」

   うーん、ここで光がまわしを締めて四股を踏めば父親もすぐに納得したりして…なーんてね。佐々木希のふんどし姿、ちょっと見てみたいのですが。

   「日本の人達、みんな相撲が大好き」「相撲は恥ずかしいスポーツじゃない」というサトヤンも健気だし、もし外国人がそう思ってくれたら嬉しいことだけれど、いかんせん今の相撲界を考えると、もやっとも、ひやっともする。

   貴乃花親方もドラマの監修を務めたり出演したり。連ドラ初主演の佐々木希を推したいのか、今や揺れまくりの相撲界をフォローしたいのか、もやもやっと考えてしまう。

てらっち

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中