「家庭内別居」続けるか「離婚」するか…菅・小沢の違いすぎる体質

印刷

   菅首相、小沢前幹事長のどちらが代表選で勝っても民主党は分裂するのではないかという説は根強い。杉尾秀哉(TBS解説室長)がそのことを番組に出演した議員に問うた。

   加藤公一・法務副大臣(菅支持)は「菅さんと小沢さんがケンカをするわけではない。きわめて民主的な手続きで政策議論しましょうという話」としたうえで、同じく出演していた川内博史・国土交通委員長(小沢支持)の名前をあげて、「川内さんとはずっと一緒に仕事をしてきた。そうした仲間が、代表選を1回経たからといって、口をきかないとか、別々の政党になろうということにはならない」と言う。

政権交代して表面化

   しかし、コメンテーターの片山善博(慶應大学教授、元鳥取県知事)の見方はシビアだ。

私は夏休み中です
「もともと、民主党は小沢さん的な体質をもった部分と、よく言われる民主党らしい体質をもった人が同居している。政権交代という1つの言葉で束ねられていたが、政権交代して違いが表面化した。
(菅、小沢の)お2人はどう見ても家庭内別居。人の仲介がないと会えないわけだから。どちらが勝ったにしても、離婚になるのか、束ねていけるのか、大きな課題になる」

   聞いていた川内が「夫婦と考えると家庭内別居かもしれないが、男同士と考えると、激しいケンカをした後の方が仲良くなれる」と話すと、スタジオ内に苦笑をもれた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中