2018年 7月 21日 (土)

ザッケローニ新監督「私はきのうから日本人になった」

印刷

   「なんとか日本になじもうという姿勢」(笠井信輔アナ)が強く感じられたアルベルト・ザッケローニ・サッカー日本代表新監督の記者会見。

「日本に住んで試合だけじゃなく、選手の練習もしっかり見たい」
「私はきのうから日本人になったつもりでいます。次の会見は日本語でやります(軽くニヤリ)」
「好きな日本語はブルーサムライ」

   いかにも郷に入り、郷に従いますといった感じである。 番組でも、笠井はじめ、とりあえず歓迎・祝賀の好意的雰囲気で伝えていたが、小倉智昭キャスターに限っては、はじめからそんな社交辞令的あいさつは抜き。会見VTRを見終わると、リアルトーカー・オグラは開口一番「(ザックの発言は)取って付けたようだね」と辛口批評。

取って付けたようだね

   「日本に来たのは、イタリアにいても声がかかんなかったからじゃないの。ACミランをやってたころはよかったけど、その後はことごとく失敗してるんですよ。そうじゃないと、あれだけの監督がかなり安い金額で日本に来るかっていう――」などと、監督手腕にも疑問を投げかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中