ザッケローニ新監督「私はきのうから日本人になった」

印刷

   「なんとか日本になじもうという姿勢」(笠井信輔アナ)が強く感じられたアルベルト・ザッケローニ・サッカー日本代表新監督の記者会見。

「日本に住んで試合だけじゃなく、選手の練習もしっかり見たい」
「私はきのうから日本人になったつもりでいます。次の会見は日本語でやります(軽くニヤリ)」
「好きな日本語はブルーサムライ」

   いかにも郷に入り、郷に従いますといった感じである。 番組でも、笠井はじめ、とりあえず歓迎・祝賀の好意的雰囲気で伝えていたが、小倉智昭キャスターに限っては、はじめからそんな社交辞令的あいさつは抜き。会見VTRを見終わると、リアルトーカー・オグラは開口一番「(ザックの発言は)取って付けたようだね」と辛口批評。

取って付けたようだね

   「日本に来たのは、イタリアにいても声がかかんなかったからじゃないの。ACミランをやってたころはよかったけど、その後はことごとく失敗してるんですよ。そうじゃないと、あれだけの監督がかなり安い金額で日本に来るかっていう――」などと、監督手腕にも疑問を投げかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中