頭と手足は人間、胴体は藁―奇天烈「藁人間」捜してください

印刷

   この世の中には、蜘蛛男やコウモリ男、透明人間など、摩訶不思議なヒト的動物がいることが小説や映画などを通して知られているが、最近、世にも奇怪な人間の映像が、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で話題との情報をキャッチした当探偵社は、さっそく調査を開始した。

乾草の刈り取り加工機に飛び込み

   問題の動画は「hay baling fun」と名付けられていた。再生してみると、農場を大きなトラクターが走っていて、その後部には巨大な機械が接続されているのが見える。「ヘイベーラー」と呼ばれるもので、藁などの乾草を刈り取り、内部で運びやすい円筒形や角形に加工し、排出する。

   一見、牧歌的な光景のなか、トラクターの運転席から上半身裸の男が下りてきて、大慌てでズボンやパンツ、靴を脱ぎはじめた。いったいな何をしようというのか。男は全裸になると、機械に上っていき姿を消した。

   そして次の瞬間、われわれは藁人形ならぬ、「藁人間」の誕生を目撃するのである。まず人間の脚が、続いて藁の固まりが機械から出てくる。頭と手足は人間だが、胴体は藁でできている男である。藁人間は、バランスを崩して倒れるなどしたあと、少々人間離れしたけたたましい笑い声を上げ、どこかへと走り去っていった。

   当探偵社は世界中のシンジケートに協力を呼びかけつつ、彼の行方を全力で追っているものの、いまだ接触には至っていない。

   ※この動画の真似は絶対にしないで下さい

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中