藤原紀香は「甘い物好きの中年女」風、筋書きも見えてちゃ没入できない

印刷

「チャンス 第1回」(NHK)2010年8月28日21時~

   土曜ドラマはカタカナが好きだ。「チェイス」だの「ハゲタカ」だのが話題になったので、今度はチャンスだって。だからといって、内容まで似たように優れているとは限らない。1回目を見たところでは次回も見たいとまでは思えなかった。何故なら、「ああしてこうしてこうなるのだろう」と筋書の展開が予想できてしまうからである。結末のわかっている推理小説みたいなもので興味半減。
   証券会社でキャリアを積んでいた藍田沙矢子(藤原紀香)が、顧客に莫大な損失を与えた結果、その顧客は自殺する。雪の北海道への逃避行で、彼女を助けた馬(ハルコ)が、子を産まないので殺処分される寸前に買い取り馬主になる、までがこの回の筋。つまり、沙矢子が買ったハルコがサラブレッドの子を産んで、やがてレースで優勝するまでの苦労話なのだろうと予測できてしまうのだ。
   それにしても、藤原紀香がオバサンになった! 顔面がぽっちゃり膨らんでいて、斬った張ったの証券ウーマンの鋭さは全くなく、お人好しのただのハイミスにしか見えない。演技力の問題もあろうが、離婚後のストレス太りか、甘い物好きの中年女という感じなのである。脇に大地康雄や市川亀次郎などの贅沢な助演者を配しているのに、肝心の主役に違和感があるのではドラマに没入できない。
   まあ、1回だけで決めつけるのも酷なので、次回以降の展開を待つことにするが、余り大きな期待は出来そうもない。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中