ドラゴンズ山本昌45歳 最年長完封「最後は狙いました」

印刷

   プロ野球・中日ドラゴンズの山本昌投手が9月4日(2010年)、自身の公式サイトで、最年長完封のプロ野球記録を塗り替えた、その胸の内を語っている。

「やっちまったなという感じで自分でも驚いています」

   4日の巨人戦は9回6安打無失点の完封勝利。本人によれば、最初から完封を狙っていたわけではなく、大事なゲームなので試合を作り、後ろにつなげたかったという。しっかりと調整が出来ていたので、ピッチングには自信があった。

   7回には交代かと思っていたのが、首脳陣からは「行け」の指示。「最後は狙いました」と打ち明ける。序盤で3点の援護があり、緊張感を持って投げられる点差だったことも幸いしたようだ。3年ぶり通算30度目の完封勝利。45歳0か月は、若林忠志投手(毎日)が1950年に記録した42歳8か月を60年ぶりに塗り替えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中