2018年 7月 19日 (木)

菅首相またまた軽はずみ発言「代表選挙後は小沢さん重用」

印刷

   民主党代表選は9月14日の決着の日に向けて激戦を繰り広げている。そんな中、菅首相がテレビの収録番組で、再選を果たした場合の小沢前幹事長の処遇について、「選挙の指導は非常に的確。得意な分野で活躍していただければありがたい」と述べたと伝えられる。

離党懸念払拭のためとはいえ…

   コメンテーターの金井辰樹(東京新聞政治部次長)は「(菅首相には)痛し痒し」と前置きしてこう解説した。

「菅さんが当選して総理であり続けると、小沢さんたちが離党するのではないかという懸念が党内にある。そうではないんですよ、という党内向けの発言なんだけど、逆に菅さんを推しているコアの人たちは、脱小沢で突っ走れという考えなので、『菅さん、なに言ってんだよ』と、より戻しがあるかもしれない。
今後、微妙な影響を与える可能性がある」

   高木美也子(日大教授)が「言い過ぎたんじゃないか」と口を挟むと、金井は「選挙(の指導)というと、(小沢起用は)幹事長と憶測を広げてしまう」とつけ加えた。

   唐突に消費税増税を打ち出したときも、鳩山前首相提案の「トロイカ+ワン体制」に取り込まれそうになったときも感じられたことだが、どうも菅首相の言動には不用意なところがある。今回の発言についても、収録後に「一般論を述べただけ」と釈明したようだが、「軽い」と思われても致し方ない。

文   アレマ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中