押尾公判「あれ、いる?」元交際女性証言…検察側が強烈パンチ

印刷

   「押尾学MDMA事件」公判の証人尋問の模様が詳しく報告された。押尾被告と関わりを持った証人たちの証言はかなり具体的だ。違法薬物を飲んで関係を持ったという元交際相手の女性は、押尾から「あれ、いる?」とのメールを受け取ったとし、「あれ」が「以前、彼からもらったクスリのことだと思った」と話す。

心証はかなり悪い

   ゲストの若狭勝弁護士(元東京地検特捜部副部長)は、この証言を重く見る。事件で亡くなった被害女性にさらに「すぐ、いる?」と押尾はメールで尋ねていて、「被告人がかねてから女性にクスリを渡す傾向があったという証言」だと見なせるからだ。そして、「検察が強烈なパンチを被告人に与えた」と続けた。

   杉尾秀哉(TBS解説室長)が「裁判員の心証はかなり悪いのでは」と聞くと、若狭は「すごく悪い」と答え、「被告人が裁判でウソを言っている、と裁判員は感じているのではないか」とつけ加えた。

   現場に呼び出された元マネージャーらも証言台に立ち、救急車を呼ぶように何度か言ったが、押尾は「ダメだ。呼ぶと自分がクスリを使ったことがわかってしまう」と拒否したこと、「お前の面倒を一生みるから代わりに第一発見者になってくれ」と依頼されたことなどを証言した。若狭が述べるように押尾は「有罪の方向に傾いた」と言えそうだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中