「愚痴ビジネス」10分1000円で「不満、悪口なんでも聞きます」

印刷
「会社のお局が自分にだけ冷たくする」「部下のほうがボーナスが多かった」

   そんな愚痴を電話でただ聞いてくれる「愚痴ビジネス」が増加しているそうだ。番組によると、ある会社の料金は10分間1000円。なかには7時間、4万エンのおカネを払った人もいるという。

   「ただ愚痴聞いてもらうのにカネ払うの。だったらキャバクラ行けば酒も飲めるんじゃないの」とかなんとか、司会の小倉智昭がいかにもリアルなコメントしそうなネタだなと視聴者的に予想していたが、本人は意外にも「ボクも愚痴聞いてもらおうかな」と言い出した。

ゲゲゲが強い
「毎朝この放送が終わると、『ゲゲゲ』が……、なんでこんなドラマ強いのって、愚痴を」

   「とくダネ!」のウラでやってるドラマで「ゲゲゲ」となると、朝8時から15分間放送されているNHKの連続ドラマ小説の「ゲゲゲの女房」を指すらしい。

   アキレス・オグラの泣き所はやはり視聴率だった。

   しかし、仕事とはいえ、毎朝オグラのオープニングトークを聞かされ、この番組を2時間見続けなければいけないというのも、ときどき泣きたくなってくるものだ。たまに、テレビ見てテキトーなこと書いてカネもらえるなんてうらやましいわ――なんて宣うオグラな知人がいたりしますが、実際にはいろいろと、そんなに簡単なモンじゃあございません。すいません、つい愚痴ってしまいました。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中